トップ

赤ちゃんのアトピー対策

赤ちゃんのアトピーの症状

赤ちゃんのアトピーはどんな症状

赤ちゃんが生まれると、健康面について十分に配慮しながら育てるでしょう。少しでも異常が見られると焦ってしまう親御さんも多いです。特に肌が赤くなったり、痒みを伴う場合にはアトピー性皮膚炎を疑うかも知れません。赤ちゃんの肌は大人と比べて敏感でバリア機能が弱いです。そのため、アトピー性皮膚炎になってしまうと、強い痒みを伴います。それが原因で常に泣いている赤ちゃんもいるでしょう。そんな症状に悩んでいるのなら見ておきましょう。赤ちゃんのアトピー改善情報ならこちら。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になる主な原因は、ハウスダストやアレルギーなどが挙げられます。また遺伝による体質でアトピー性皮膚炎になりやすい場合もあるでしょう。

アトピー性皮膚炎は生後2ヶ月ごろから発症します。頬や口の周りに出ることが多いです。次第に他の部位にも広がって行き、胸や首、頭皮などにも出て来ることもあります。また、赤ちゃんの肌が赤くなっていたり、湿疹ができていても、アトピー性皮膚炎とは限りません。アトピー性皮膚炎と似た症状のものとして、乳児脂漏性皮膚炎や新生児ざそうなどもあります。

両方ともアトピー性皮膚炎と症状が非常に似ているため、すぐにどちらなのか判別するのは難しいです。発症する時期も生後2週間から3ヶ月くらいまでで、アトピー性皮膚炎と近い時期ですが、乳児脂漏性皮膚炎と新生児挫創は、その時期が過ぎると自然に治って行きます。

症状がそのまま続くようであればアトピー性皮膚炎の可能性が高いです。症状が2ヶ月以上継続しているとアトピー性皮膚炎と診断されることが多いでしょう。生後4ヶ月くらいまでは、乳児脂漏性皮膚炎や新生児ざそうと区別がつきにくいため、アトピー性皮膚炎と判断するのは難しいです。